1. HOME
  2. どんどん変わる!これからの警備業界
  3. 警備業界もコンサルタント業がある!
どんどん変わる!これからの警備業界

警備業界もコンサルタント業がある!

どんどん変わる!これからの警備業界

157

セキュリティーコンサルタントとは? 

時代の流れによって、日々、複雑化している世の中でセキュリティの専門性が必要になりつつあるが、 下記のようなさまざまな形で専門的に対応できるような部門が集まった内容をセキュリティコンサルタントという。

『戦略を考えるストラテジー領域』 セキュリティに関する戦略や中長期的な立案するような部門になります。

例えば、今後のセキュリティの未来予想をするなどして、今後、どのようにセキュリティを目指していけばよいのか逆算して計画を 考えるという内容になります。

しかしながら、クライアント様には根拠のない提案ではなく、根拠が見 える提案をするために、データーなどから、見える内容を参考にして未来の日本のセキュリティの在る べき姿を仮説ベースで説明できるようにしていくようにします。

ちなみに、このような案件を実施でき るようにしていくためには、情報収集や内容をフレームワーク化する力、内容をわかりやすい言 葉で伝えるコミュニケーション力も必要になります。

ないものからあるものを生み出すことが重要な部 分になり、過去の事例がない内容でも新たにアウトプットを作成できるやりがいもあります。 

『仕組みを考えるマメジメント領域』 組織に必要なセキュリティレベルを維持、管理をするための部門になります。

例えば、委託先のセキュ リティ管理に関する支援などの仕組みを効率化、高度化するための支援といった感じになります。

内容としては、企業のセキュリティレベルを向上させるために、改善できるポイントなどを探し、業務プロ セスを整理しながら効率よく向上させるといった業務になります。 

『実務を実行するサイバー領域』 現場で戦略を実行するという内容の部門になります。

いかにして、日々、運用していくかなど、また、 実務内容を行っている最中に起こるアクシデントなどにも対応していきながら円滑に進める内容になります。

課題の多くは、『サイバー攻撃にどう対処するのか』などの課題が多くなりつつあります。

その際 に、事例などをもとにして、リスクシナリオを考えて、検証していくなども業務になります。 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。