1. HOME
  2. どんどん変わる!これからの警備業界
  3. 女性にしかない強さで警備員へ!
どんどん変わる!これからの警備業界

女性にしかない強さで警備員へ!

どんどん変わる!これからの警備業界

77

女性警備員の必要性とは?

警備員という仕事というと男性のイメージが強いが、実は女性の警備員の需要が増えつつあります。

そもそも警備員のイメージを思い浮かべると

『体力勝負』だったり、

『威圧的に監視する』だったり、

『何かあった 時に危険がともなう』など

男性ならではの職種だと思われがちなんじゃないかと思います。

しかしなが ら、企業によっては、女性を優先的に募集しているところも増えてきています。

なぜかというと、近 年、大型商業施設やレジャー施設の増加などによって、警備業務兼案内業務なども業務内容になること があるためする場所によっては、子供や女性などが多い所など、女性警備員のほうが話しかけやすかっ たりするとか、トラブルやクレームが発生しにくいという効果もあるみたいです。

また、女性トイレや 授乳室などの巡回業務は、女性警備員でなければ困難です。また、ホテルや企業イメージによっては、 入館警備などを女性警備員に任せているところもあります。なぜかというと、女性警備員がいること で、威圧感を和らげたりとか、女性ならではのイメージをプラスにするという考え方も増えてきています。

では、お仕事として、長く続けられるのかとか、イメージ的にあるかと思いますが『警備員指導教 育責任者』などいくつかの資格を取得したりすることで収入がプラスになったり、もちろん正社員採用 も望めるかと思います。

以前のイメージですと、警備員のお仕事と聞くと、アルバイトのイメージがあ るかと思いますが、最近は、長期的に雇用を考えている企業も増えてきていますので、正社員登用とい った枠も増えつつあります。

しかしながら、まだまだ男性優勢の業界ではあるものの、女性ならではの メリットを活かしつつ、ニーズのある職場を選べば、女性警備員として長期的に活躍できるかと思いま す。今まで職種として考えたことがなかったという方もいるかと思いますが、今まで知らなかったこと など、新しいことを知ることもでき、やりがいや新たな自分を発見できるかと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。