1. HOME
  2. どんどん変わる!これからの警備業界
  3. 警備で賢く稼ぐ考え方!
どんどん変わる!これからの警備業界

警備で賢く稼ぐ考え方!

どんどん変わる!これからの警備業界

15

警備業界には繁忙期はあるのか?

仕事…

職種によっては、”繁忙期”や”閑散期”など時期によって忙しさや暇さが違ってきたりとかする 場合もあります。

でもどうせ仕事をするのなら暇でだらだらするよりもある程度忙しい方が充実感を感じられ、なおかつやりがいも感じられるという求職者が増えております。

では警備業界に繁忙期はあるのでしょうか?

答えは警備をする場所によって様々なんですね。

例えば、警備業界ってどんな感じなのかというと、

病 院/マンション/オフィスビルなど年中安定している場所での警備業務もあれば、リゾートホテル/観光地/テーマ パークなど時期によって、多くの人が訪れる場所などは、繁忙期、閑散期などがあります。

こんな感じで、警備員のお仕事と一言で表現しても違いがあります。

また、国や地方公共団体などの道路工事、建 設工事などは、年末から年度末(11月~4月)にかけて一斉に増え始める交通誘導、雑踏警備などの重要が増えます。

ですので、警備員のお仕事を探している時は、どれだけの時期に、どれだけの収入が必要なのかとかある程度、計算しながら探すといいかと思います。

ただし、やはり経験値にもよりますが、警備する場所によっては、繁忙期だからといってたくさんシフトに入れない場合はあります。

なぜかというと、工事現場では、人や車などを誘導する仕事では事故を絶対に起こしてはならないために、 経験が浅い人や実力がない人に対しては、シフトにあまり入れないこともあります。

まずは、少しずつシフトに入りながら仕事になれることが大事かと思います。

そして、自分の働きやすい分野の警備のお仕事を見つけながら、

◉ご自身の強み

◉スキルなどを活かして、働けるといいかと思います。

そして、繁忙期になると残業が増えることもありますが、職場によっては、残業代が上乗せにならないところもあるかと思いますので、事前にしっかりと確認することが大事になります。

繁忙期、閑散期などある程度事 前に分かる部分をいかして、収入などもかわってくるかと思いますの、上手にご自身のニーズに合わせて探せるんじゃないかと思います。 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。