1. HOME
  2. 差をつける!警備業界で役立つ資格&スキル
  3. 何をやるにも体は資本!
差をつける!警備業界で役立つ資格&スキル

何をやるにも体は資本!

差をつける!警備業界で役立つ資格&スキル

21

警備員に必要不可欠な健康診断書について

警備員の場合、重要視されるのが健康診断書です。体調に問題を抱えていると、警備員になれないこともあります。警備会社に提出が必要な書類についてまとめてみました。また警備会社で働く上で体が資本である理由もあわせて説明していきます。警備会社に入社する際には必ず健康診断を受けなくてはなりません。アルコール中毒、覚せい剤中毒、精神疾患であることが発覚すると警備員として働くことができません。警備会社では基本的に健康状態に問題がない人が求められるでしょう。ちなみに、一般的には、警備員に従事している人の平均年齢は30~50代が多いといわれています。

また、若い内は問題がないかもしれませんが、50代にもなると血糖値や脂質の異常がみられることがあります。それらが原因で業務中に倒れてしまうと、警備業務に多大な支障がでてしまいます。警備員を目指すのであれば、日ごろから健康状態には気を配るようにしましょう。問題がゼロの健康診断書を提出できれば採用される確率が高くなります。

すべての書類を完璧にそろえたとしても健康診断書で引っかかってしまうと、状況によっては内定を取り消されることもあり得ます。採用された後も体調は常に管理していかなくてなりません。緊急事態があってもすぐに動けるコンディションが警備員には必要なのですが、夜勤と日勤を交互で勤務することもよくありますので、生活リズムを整えるのはかなり大変です。普段から、自己管理をしっかりと行わなければなりません。警備員を長く続けたいのであれば健康は必要不可欠といえるでしょう。

会社の健康診断は定期的に行われます。常に問題ゼロの健康診断書を提出することを目指していきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。